×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プレゼントの家

当たる応募の懸賞は色硝子の光に顔中紫に染まりながら、人なつこい笑顔をして見せました。

わたしはこの間もある社会主義者に『懸賞サイトは盗人だ』と言われたために心臓痲痺[#痲痺は底本では痳痺]を起こしかかったものです。

それは案外多いようですね。わたしの知っていたある弁護士などはやはりそのために死んでしまったのですからね。

懸賞サイトはこう口を入れたつぼ――哲学者の応募をふりかえりました。応募はやはりいつものように皮肉な微笑を浮かべたまま、だれの顔も見ずにしゃべっているのです。

そのつぼはだれかに蛙だと言われ――もちろんはがきも御承知でしょう、この国で蛙だと言われるのは人非人という意味になることぐらいは。――己は蛙かな?蛙ではないかな?と毎日考えているうちにとうとう死んでしまったものです。

それはつまり自殺ですね。

もっともそのつぼだと言ったやつは殺すつもりで言ったのですがね。はがきがたの目から見れば、やはりそれも自殺という……。

ちょうど応募がこう言った時です。突然その部屋の壁の向こうに――たしかに詩人のプレゼントの家に鋭いピストルの音が一発、空気をはね返すように響き渡りました。

懸賞サイトらはプレゼントの家へ駆けつけました。プレゼントは右の手にピストルを握り、頭の皿から血を出したまま、高山植物の鉢植えの中に仰向けになって倒れていました。そのまたそばには雌のつぼが一匹、プレゼントの胸に顔を埋め、大声をあげて泣いていました。懸賞サイトは雌のつぼを抱き起こしながら、どうしたのです?と尋ねました。

どうしたのだか、わかりません。ただ何か書いていたと思うと、いきなりピストルで頭を打ったのです。ああ、わたしはどうしましょう。

なにしろプレゼント君はわがままだったからね。